静岡経済研究所の情報誌にて、製造業のIoT・AI利用の代表事例としてご紹介いただきました。


先日も、静岡産業振興財団の関連冊子にてGomiMagic事業の支援事例をご紹介いただきましたが、
今回は静岡経済研究所の情報誌にて弊社新社内システムが製造業の代表事例としてご紹介いただきました。

「IoTによる”見える化”」ということなのですが、弊社の強みである一貫生産が”見える化”=つまりどの製品が今どの段階まで製作されているのか、各部門の繁忙具合などがモニターですぐわかるようになっています。
製造にかかわっていないわたしでも、モニターを見ると社内全体や各部門がどれくらい忙しいのかがわかってしまうくらいまさに”見える化”されています。

社内では、1つの製品にたくさんの社員・職人が関わっています。それを誰もが共有できることで問題解決し、効率が良くなります。
働き方改革で勤務時間を守りつつ、どんな時間も無駄にしないことが短納期につながっています。
今後もシステムをより利用しやすいものにするため随時アップデートを進める予定です。



アーカイブ

カテゴリー