• HOME
  • >
  • 品質
  • >
  • 職人の技、最新技術のご紹介

職人の技、最新技術のご紹介

あらゆる高精度金属加工を容易に。

従来のような繁雑な作業工程を伴う複雑な加工を、最新レーザー加工機との独自のレーザー技術によりスピーディーに実現。板・丸・角パイプ、型材などの高精度で高速な切断加工、精密な曲げ、しぼり・エンボスプレス加工までムダな工程がありません。

異種材・異形状も1工程で

多品種少量品、特注製品などは金型からおこすよりも、単品でのレーザー加工の方が安上がりです。異形状加工も、従来では何工程も経なければ仕上らなかったものが、当社は1工程でOK。
また、アルミ・ステンレス・真鍮など 素材を選ばず異種材同士の加工も可能です。

どんなサイズや形状でも

当社は数多くの金型と熟練した技能士により、今まで機械加工では困難と思われていたさらに精密な加工に対応します。美観・強度・精度と三拍子揃った技術の熟練者が納得のいく「技」を提供します。

3次元CADで即解決

高速、高精度、かつ均一な加工製品を提供するために、各マシンのNCが欠かせません。
当社では、高性能の自動プログラミング装置を使い、能率的なマシンの使用方法を熟知した専門OPが、図面データから直接NCプログラムを作成。面倒な展開作業も、速く確実に加工プロセスへ移行します。

加工例

チャンネル・アングル・角パイプ加工

従来の加工工程が大幅短縮。タブやノッチ、穴あけもケガキなしで高精度。

amada製フライングオプティクスレーザーマシン「MII 3015NT」の導入により、レーザー加工の範囲が大幅に広がりました。以前の丸パイプだけでなく、アングル・チャンネル・角パイプなどの型材の切断やタブやノッチなどのコーナー加工、穴あけも、図面からCADデータ制作&材料をセットするだけで短時間で自在にできるようになりました。また、3DCADの時点で材料歩留まりや干渉にも配慮できるので品質向上も期待できます。
溶接までの工程を弊社にお任せいただければ、型材加工に関わるリードタイムの大幅短縮、さらなる品質の向上に、きっとお役に立てるはずです。
 


 

クリックすると拡大します。

オリジナル金型でのV溝加工

曲げをさらにシャープに鋭角に。

amada製タレットパンチングプレス機「EM2510NT」を利用した、オリジナル金型でのV溝加工を実現。位置や溝の深さを指示し、精密に仕上げます。
V溝加工は、通常の曲げに比べ鋭角に曲げられること、仕上がりもとてもシャープなラインに仕上がります。
この加工がスピーディーに多くできることが、お客様から御支持いただく短納期のさらなる強みです。
 


 

 

クリックすると拡大します。

切り板貼り合わせ

金型・曲げ加工も必要なし。YAGレーザー溶接のみで作り出す複雑な形。

一工程で完結する加工例。最新のYAGレーザー溶接機器を使用することで、熱による焼け跡やゆがみが発生せず、レーザーのスポット径も0.6mmと、仕上げ作業のほとんど必要ない仕上がりに。つまり、曲げ加工と変わらない仕上がりの、薄切り板貼り合わせ加工が可能です。他工程が発生しないことでさらに短納期を実現できます。
 


 

 

クリックすると拡大します。

スパイラルシャフト

寸分の狂いも許されないテーパーへのスクリュー溶接

この産業機械用のスパイラルシャフトは、よくあるシャフトと違い、テーパー型のスクリューとなっています。寸分のくるいも機器の動きに影響がある為、テーパーの形に合わせて、溶接・曲げを精密に繰り返し調整し完成させます。
 


 

 

クリックすると拡大します。